困っていることと便秘
ホーム > 相続税 > 法定相続分って何?

法定相続分って何?

人が亡くなると、その人の配偶者・子・直系尊属、直系卑属などが亡くなった人の財産を分けます。

  

事前の相続対策はこちらから

 

 一人当たりの相続できる割合は遺言や遺産分割協議などで指定されている場合を除き、法律で定められた分だけ受け取れます。この受け取れる分を法定相続分といいます。もしも夫、妻、子供2人と夫の両親の6人家族で、夫がなくなった場合の法定相続人は妻と子供二人となり、妻が法定相続分として相続財産の2分の1を残りの2分の1を子供二人が相続できます。子供1人あたり4分の1ずつが法定相続分となります。また子供がいない場合は直系尊属と配偶者、尊属がいない場合は直系卑属と配偶者、これらもいない場合兄弟姉妹と配偶者が相続人となり、この場合兄弟姉妹の法定相続分は財産の4分の1、配偶者は4分の3になります。