困っていることと便秘
ホーム > 健康 > 乳児の便秘で病気が原因となる場合

乳児の便秘で病気が原因となる場合

乳児の便秘は先天的な病気や他の病気が原因となっている場合もあります。

 

便秘から考えられる先天的な病気として、ヒルシュスプルング病や鎖肛(さこう)といったものがあります。

 

ヒルシュスプルング病は先天性巨大結腸症とも呼ばれますが、腸の神経細胞に異常があるために腸が運動を行なえないことが原因で排便がなかったり、嘔吐したりお腹が膨らむ症状が見られます。

 

ヒルシュスプルング病では手術が必要になりますが、軽症の場合は幼児期まで気づかれない場合もあるようです。ずっと便秘を繰り返すような場合は、念のために病院での検査を受けておいたほうが安心です。

 

鎖肛は、正式には直腸肛門奇形と言われるもので、生まれつき肛門が開いていなかったり、肛門の位置がずれている状態です。

 

肛門が開いていない場合は生後すぐに分かりますが、位置がずれている場合は幼児期や学童期になって分かることもあるようです。その場合は便秘や便が細いことが発見の手がかりとなります。

 

先天性ではない病気として、腸重症によって便秘になることがあります。

 

これは風邪や下痢が引き金になって発症することがあり、手遅れになると命に関わることもありますから注意が必要です。

 

症状としては断続的な腹痛がありますが、単なる便秘の腹痛とは違い、足を縮めて激しく泣くのが特徴です。また嘔吐やイチゴジャムのような血便を伴うこともあります。

 

このようなときは救急車を読んで急いで病院へ。新生児の便秘には砂糖水